【モンスターハンターライズ レビュー】快適すぎる狩猟ライフ!翔蟲アクションを使いこなして駆け回れ!

GAME

はいどうもー。

今回はXboxでもついにリリースされた「モンスターハンターライズ」のレビューをしていきたいと思います。

Xbox Game Pass では発売日初日にDay1でゲームパス入りしているので早速遊んできました!

ゲームパスではクラウドセーブデータに対応しているので、PCとXbox Series S の両方でセーブデータを共有して、モニターとテレビをその時の気分に合わせて切り替えてプレイしています。すごい便利。

created by Rinker
カプコン
¥3,550 (2024/05/24 17:21:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
マイクロソフト
¥49,980 (2024/05/25 03:57:27時点 Amazon調べ-詳細)

基本情報

タイトルMonstre Hunter Rise
モンスターハンターライズ
ジャンル狩猟アクション
発売日2021年3月26日 (Nintendo Switch)
2023年1月20日 (Xbox One , Xbox Series X/S , PS4 , PS5)
開発元カプコン
プラットフォームPlayStation 4
PlayStation 5
Xbox One
Xbox Series X/S
Nintendo Switch
PC

どんなゲーム?

大人気狩猟アクション「モンスターハンター」シリーズの最新作「モンスターハンターライズ」。

「モンスターハンターワールド」から引き続きオープンワールドを引き継いでおり、「翔蟲アクション」と呼ばれる新アクションや「オトモガルク」と呼ばれる犬のような新たなオトモと一緒にフィールドを駆け回りモンスターを狩猟していきます。

翔蟲アクションが今作の目玉となっていて、「疾翔け」、「鉄蟲糸技」、「翔蟲受け身」といった糸を操るアクションを駆使してフィールドを縦横無尽に駆け回り、狩猟を優位に運んでいく事ができます。

ですが、新アクションを使いこなせない筆者は途中まで翔蟲アクションを封印していました。(笑)

それでも従来のモンスターハンターと同じ狩猟体験は可能ですので、新アクションに適応出来なくても普通に楽しむ事ができます。翔蟲アクションが必須になる場面は恐らく無いと思われます。

新武器などはありませんが、「鉄蟲糸技」と呼ばれるアクションが各武器毎にあるので、従来の武器でも一味違う狩猟体験が出来る事でしょう。

実際に筆者は大剣メインでプレイしてますが、翔蟲アクションのおかげで大剣とは思えない躍動感のある動きをしてくれて感動しています。(笑)

良かった点

全作の「モンスターハンターワールド」からモンハン語が無くなったり、採集モーションが削除されたりと、モンハンらしさが失われて快適さを追求した方向にシフトした印象がありました。

今作のライズも、前作に引き続き快適性を追求した作りになってますが、モンハンらしさの感じられる正当進化を果たしているように思えます。

「疾翔け」によるマップの移動

今作は崖を駆け登れる

前作の「モンスターハンターワールド」からオープンワールドになってエリア間のロードが無くなり、広大なフィールドとなりました

その反面、目的地への道が分かりづらくなるという致命的な部分が出てきたのですが、それが今作では完全に解消されています。

具体的に言うと、崖の上に行く方法が分からない場合でも「疾翔け」という翔蟲アクションを使う事で崖の上に素早く登る事ができます。

マップの構造を把握していなくても目的地に辿りつけるこのシステムがとても親切であり快適でした。

オトモガルクによるフィールド移動と様々なアクション

オトモガルクに乗って駆け回る

モンハンは基本的にクエストが始まるとモンスターの場所までダッシュします。

この作業がとてもオトモガルクの登場でとても快適になりました!

オトモガルクに搭乗して走ることが出来るのですが、徒歩よりも移動速度が速いのはもちろん、各種アイテムを使用する際に足を止める事無く使用する事ができます

オトモガルクに乗って移動しながらこんがり肉を食べたり鬼人薬を飲んだり、逃走する大型モンスターを追いながら砥石を使用したりと、非常に使い勝手の良いオトモとなっています。

更には搭乗しながらアイテムの採取も可能なので、オトモガルクの登場はモンハンの革命と言っても良いでしょう。

操竜アクション

大型モンスターを操竜する様子

従来のモンハンでは、大型モンスターが2体居るとハンターを同時に狙ってくる、もしくはナワバリ争いをして大型モンスター同士で争う、といった要素がありました。

今作では「操竜アクション」という要素が追加されており、大型モンスターに搭乗して操作する事ができます。

操竜アクションを利用して大型モンスター同士で戦わせダウン状態まで持っていく事ができます。なので単純な攻撃チャンスが増える事に繋がります。

ダウンを奪ったあとは大型モンスターのどちらかは別のエリアに移動するので、再び大型モンスター1体に集中して戦うことができます。

2体同時に相手しなくて済むので、複数体の狩猟クエストも比較的楽になりました。

悪かった点

各種モーション後の入力が受け付けない

アイテム使用後や採取モーションの後、1秒ほど操作入力を受け付けてくれません。

連続での採集や、連続でのアイテム使用が出来ないので少しテンポが悪く不満です。

まとめ

非常に親切設計で快適さを追求したライズですが、モンハンらしさは失われておらず、ワールドから正当進化していると思います。

個人的には「モンスターハンターワールド」のコレジャナイ感が強かったので、今作は非常に感動しました。

初心者の方でもモンハンデビューにもってこいの作品だと思います

大型拡張コンテンツの「モンスターハンターライズ:サンブレイク」もDLCとして発売しているので、筆者も購入しようか検討中です。。。

モンハンってやっぱり面白い。

created by Rinker
カプコン
¥3,550 (2024/05/24 17:21:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
マイクロソフト
¥49,980 (2024/05/25 03:57:27時点 Amazon調べ-詳細)